コラムバックナンバー

※最新のコラムはトップページにあります!


■ 2018/11/15 (木)    21:41

色丹と歯舞は返ってくるのだろうか。

−−−

とある仕事で、もうあとは他の人に任せられないので僕がなんとかしなければいけないという状況になった。

もういいよ、あとはやるから。と考えていたがふと思った。僕はいつからそういうポジションになったのだろう。この件に関してはもう僕がなんとかするしかないし、正直なところ僕ならばなんとでもなると思っている。反面、僕でないとなんともならない。

しかしそういう時に頼れるのが僕というのに違和感を感じる。だいたい僕よりできる人がいて、最終的には何かあったらその人に任せればいいという人が今まではいたのだが。

なんかなあ、そういう”何とかしてくれる人のポジション”になってしまったのだなあ。というかそのポジションが僕ってことは、みんなどんだけ役立たずなんだ、と思う。もっと頑張りたまえよ。んん?

<了>

■ 2018/11/14 (水)    22:06

飲み会を断る口実ができてラッキー。

−−−

今日の夜はちょっとゴタゴタしていてコンビニ弁当で済ませた。

弁当コーナーを見ていたのだが、なんだかまた量が減っている気がする。値段は変わらないのに。あれか。「女性でも食べきれる手軽なサイズ」ってやつか。このやり方は一番気に入らないやつだ。だったら値上げしたと言え。

僕の怒りはさておき、弁当は割高な気がするのでパスタのコーナーへ。なんだか逆に量が増えている気がする。コンビニのスパゲティってこんなに入ってたか?という感じ。

結局ペペロンチーノを購入。

昔料理関係の仕事に就いていた知人が「スパゲティなんて原価無いようなもんだ」と悪態付いていたのを思い出す。そうか、こういうことか。

<了>

■ 2018/11/13 (火)    22:35

大変。

−−−

来年の5/1は祝日になるそうだ。改元のアレで。4/30と5/2が祝日に挟まれて国民の祝日になるので10連休とのこと。まあみんな知っていると思う。

ここで「サービス業だから関係ない」とか「日雇いだから関係ない」と言い出す人がいるわけだ。しかし僕に言わせればそんなのはナンセンスで、そもそも土日祝日が休みの正規雇用に就かなかったのだから文句をいう筋合いはないだろう。

日雇いはともかくサービス業とかは完全に自分の責任である。

同様に「休みがあってもカネがない」と言い出す人もいるわけだが、そんなのカネが貯まらない生活をしているのが原因だしカネが無くても遊べるだろう。公園にでも行ってぼーっとお弁当を食べるのは案外楽しいし、家でずっとゲームするのもそれなりに楽しいと思う。

何が言いたいのかというと、僕は土日祝日が休みの正規雇用者なので存分に休むということです。カネは無いけど。

<了>

■ 2018/11/12 (月)    21:47

みかん食べた。

−−−

しかし職場が暑い。11月になってクールビズが終わって冷房が入らなくなったからだ。

僕みたいな仕事をしているところはパソコンがいっぱいあって熱を発している。なので人が多ければ多いほどパソコンも多く動いていて結果暑いわけだ。

水稲のお茶を持参しているが、夕方尽きてしまったので自動販売機コーナーへ向かった。途中、人の少ない部署の前を通った。

ここがもう涼しいのだ。僕の席とはほんの10メートルしか離れてないのに全然違う。なんだこれ。

そしてジュースを買って自席に戻る。徐々に気温が上がるのを感じる。

それでせっかく買ったジュースもすぐ飲んでしまった。ほんとつらい。

<了>

■ 2018/11/11 (日)    20:55

なんかネムイ

−−−

プリンタが壊れた。昨日印刷しようとして紙詰まりを起こしてしまい、それ以来歪んで印刷されるようになってしまったのだ。

インクの交換(ちょうどシアンが切れた)とかクリーニングとかヘッド位置の調整とか内部の掃除とかしたが解消されず。

もういい。

もういいのだが、新しいインクを買ってしまった。勿体ない。勿体ないので買ったインクと互換性のあるプリンタで安いのを買おう。と思ったが1万円から。

もういい。

修理でもいいのだが、修理は修理でやはり1万円くらいはかかるらしい。

<了>

■ 2018/11/10 (土)    18:38

一日のうちに出掛けるのは2回までにしたい。

−−−

缶詰が好きだ。特に肉の缶詰が好きだ。といってもコンビーフではなく、焼鳥やウインナーソーセージである。売り場の隅っこにあるあれだ。

あれうまいよなあ。学生時代、バイトの休憩時間にあれと白飯とPBの安いカップ麺を買って昼ごはんにした記憶がある。つまみとしてもいいんだけど、おかずでもいけるんだよなあ。

しかしもう何年も食べてない。食べたいのだけど、たとえば休みの日の昼ごはんにあれと白飯を食べていたとして、子供にあまりいい影響を与えないのではないかと。

皿に出して温めてから野菜と一緒に供すればいいかもしれない。でもそれって缶詰の醍醐味ではない。やはり缶に入った冷たいのを直接食べたい。

<了>

■ 2018/11/9 (金)    23:46

明日はおやすみ。

−−−

あとひと月とちょっともすれば忘年会シーズンである。こともあろうに忘年会幹事のグループになってしまった。

大きく分けて店の選定・予約担当とビンゴの景品担当に分かれることになった。僕は店担当。ああ、めんどうくせぇなあ。

しかし数年前に前の会社で同じく忘年会幹事でビンゴの景品の選定をやった。それもそれで結構面倒だったよなあ。幹事権限で無理やりトラックボールを景品にねじ込んで、社員の中でもっともリアクションのうすいであろう人に当たった。なんでよりによって、という結果。

今思い返すといい思い出だ、というわけでもなく、かといって思い出したくないほど嫌な思い出でもなく、微妙な思い出である。

<了>

■ 2018/11/8 (木)    21:59

今日の面談は延期になった。明日は会社の飲み会。

−−−

仕事が暇である。もう2週間近くほとんどやることがない。

あまりに暇なので自社の社員で野球チームを作ったらという想定で打順とポジションを考えた。野球経験者の人もいるがそういうのは抜きにして完全にイメージで。

それを自社から入っている同僚二人に見せたところそれなりに盛り上がった。「9番投手Aさん!これはわかるわー!」という感じ。で、

「これリリーフピッチャーも考えてくださいよ」と言われた。

ここで定時になってしまったので明日考える。明日の朝いちばんの仕事はリリーフピッチャーの選定です。

<了>

■ 2018/11/7 (水)    23:15

今日はリーダー会議だった。明日は部下の面談。

−−−

僕はロッテファンだが、昨日ソフトバンクファンの人から「ロッテ来年は良い感じになるんじゃない?」みたいなことを言われた。

うるせぇ。ほっといてくれ。

弱小球団を19年応援し続けてきた僕の気持ちは弱小球団を19年応援し続けてきた人にしかわからないと思う。まぁ同様に、強豪球団を応援する気持ちは僕には理解できないわけだ。残念ながら。

結局のところ、特定の球団のファンの気持ちはその球団のファンしかわからないだろう。ロッテと同じように最近いいところのないオリックスや中日のファンの皆様は心情的には近いと思うが、それでもイコールではない。

まあそういうわけなので、今後僕とロッテについて語り合いたい場合には最低3年全力でロッテを応援してからにしてもらいたい。皆様に等しくお願いである。

<了>

■ 2018/11/6 (火)    22:25

今日も飲み会だった。明日はリーダー会議。

−−−

仕事中なんとなく雑談をしていて、「生まれ変わったら何になりたいか」という話になった。

うーん、なんだかんだいって人間、それも日本人がいいんじゃないかなあ。安全だし。海外の暮らしとかわからないからなあ。

とかつまらない答えを言っていたら、「ホモ・サピエンスじゃないのにしてください」「明日目覚めたら今の記憶を持ったまま別の生物になっていたとしてください」とどんどん妙な縛りができてしまった。

今の記憶を持ったままだったら何になっても「人間に戻りてー」って泣くんじゃないだろうか。

そんな中でもいろいろ探した。できれば、孤独じゃなくて、強くて、食べ物に困らない生き物がいい。海のいきものはどれになっても被捕食側に回る可能性があるから嫌だな、とかいろいろ考えた。

結果カバということになった。群れで生きてるし、強くて被捕食側になるイメージもない。食べ物もまぁ何かしらあるだろう。条件は満たしている。うん、カバかな。

でもよく考えたら別にカバになりたくない。

<了>

■ 2018/11/5 (月)    22:47

今日は飲み会。明日も飲み会。

−−−

一昨日の子供のピアノ発表会で僕も連弾で登壇したのだが、僕の演奏への称賛の声が大だったとピアノの先生から妻にLINEが来ていた。まぁ、演奏といっても連弾でほぼ左手だけなのだが。

そうかね。称賛の声が大だったかね。それはどこのどなたがどのように言っていたのだろうか。ぜひ聞きたいものである。

と書くとなんだか嫌味っぽいが単純な興味だ。僕を称賛する言葉を知りたい。みんなもっと僕を褒めてくれたまえ、ということである。

ちなみに「称賛の声が大だった」とは聞きなれない日本語だが原文ママである。

<了>

■ 2018/11/4 (日)    20:25

あと一週間くらい休みたいな。

−−−

プリキュアの映画を観てきた。まあ、家族サービスである。

この2年ほど年2回、毎回観ているのでなんだかパターンがわかってきた。

・序盤から怪物が現れる
・序盤でリーダー(戦隊もので言うレッドのポジション)以外のメンバーが敵に捕らわれるなりなんなりで離脱する
・リーダーがピンチを乗り越える
・メンバー救出
・怪物はただの怪物ではなく心に大きな傷を抱えていて、リーダーがそれを癒して解決

だ。登場人物とかストーリーは違うが概ねこのパターンに乗っている。

ちなみに今回は序盤で何千人といる街を破壊していた。たくさんの人が死んだと思う。いくら心に傷を抱えていてもやっちゃいけないことはやっちゃいけないだろう。

<了>

■ 2018/11/3 (土)    17:21

年末調整のやつ書けってさ。

−−−

子供の通っているピアノ教室の発表会があった。

大トリはもちろんピアノの先生だが、その前にオペラがあった。教室の生徒なのか元生徒なのか、はたまた何らかのツテなのかは定かではない。

へー、オペラ。と思って観ていたのだが、思いのほか前奏が長い。その間歌手の人は手を前で組んでゆっくり揺れていた。

これこのまま歌が始まらないで終わったら面白いなと思った。ただリズムに合わせてゆっくり揺れているだけ。そのまま5分くらい揺れ続けて、演奏が終わって礼して帰る。新しいパフォーマンスとしていけないだろうか。

<了>

■ 2018/11/2 (金)    20:36

休んじった

−−−

今月から会社の健康保険組合が替わった。

新しい健保は保険料が安いという。歓迎の声が多数上がっているから実際そうなのだろう。

保養所があるようだが関東中心なのであまり縁はないかな。と思っていたのだが、提携の施設が全国にあってそれなりに恩恵にあずかれそうだ。

というわけで早速年明けに一泊旅行を企画した。といっても宿を取って補助金の申請をしただけだが。このフットワークの軽さはさすがだと思う。何しろ昨日切り替わって今日早速申し込んだのだから。

<了>

■ 2018/11/1 (木)    22:09

みんな大変なんだにゃあ

−−−

顧客の新規開拓で同僚二人と会社を訪問した。直接的にすぐ仕事をもらうのではなく、「うちの会社にはこういうエンジニアがいますよ」という顔合わせ程度だ。

と聞いていたのだが、筆記試験を受けさせられた。内容は結構本格的なプログラミングの問題。

あーこれは難しい。ハッキリ言ってしまうとよくわからない。応用情報(国家試験)のプログラミングの方が簡単かもしれないというレベル。あー、大丈夫かこれ。

こんなことなら肩書のない名刺を持って行けばよかった(前のを取ってある)。

で顔合わせ(という名の試験)が終わって同僚と3人で「難しかったね」と言い合ったり答え合わせしながら帰った。なんか学生時代の就職活動を思い出したがもう35歳。

<了>